人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

HR COLUMN

人事向けコラム

2021.04.30

採用

母集団形成とは?母集団形成をするメリットや方法について


採用活動において、自社に合う質の高い人材を多く集めることは特に重要なもの。そのためには「母集団形成」を適切な方法でおこなう必要があります。
 
そこで今回は、母集団形成の概要やメリット、母集団形成の方法についてご紹介します。

母集団形成とは?

母集団形成は自社に応募したい人、または関心のある人を集めることを指します。
 
採用活動における母集団形成では「企業が新たな人材を求めていること」の周知から、企業の業務内容や魅力、実際に働く社員たちの声を伝えるなどの活動をおこない、採用の可能性がある人材を集めていくのです。
 
母集団形成により集められた人は選考過程で適性を見極められて減っていきます。つまり多くの人材を獲得したい場合は、より大きな母集団を形成する必要があるというわけです。
 
近年は少子化の影響で売り手市場が続いており、人材の獲得が以前にも増して困難になりつつあります。そのため、母集団形成の段階でいかに自社のターゲット範囲の人材が集められるかが重要となっているのです。

母集団形成のメリットは?

母集団形成を徹底すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

計画に沿って採用活動を進めやすい

採用計画で「これぐらい採用したい」と計画をしていても、母集団形成が不十分だと採用人数が計画に至らないというケースがあります。また、予想以上に母集団が膨れ上がった場合、選考にかけるコストが増えて予定外の費用が発生することも。
 
適切な母集団を形成することで、目標採用人数の達成や採用予算の順守が実現しやすくなります。

より自社にマッチする人材を獲得できる

母集団形成の時点で自社にマッチする人材を多く集めることで、より自社で活躍してくれる人材・より高いスキルを持った人材を獲得しやすくなります。また、自社の理念に賛同して集まった中から採用できるため、人材が定着しやすいのもメリットです。

母集団形成の方法には何がある?

母集団形成をするにはさまざまな方法から最適なものを選ぶことが大切です。まずはどのような方法があるのかを知っておきましょう。

就職サイト、採用HP、SNS

スマホやネット環境が当たり前になっている今、インターネットを使った母集団形成は多くの候補者にリーチしやすい手法です。特に就職サイトや採用ホームページは、多くの企業が母集団形成に活用しているのではないでしょうか。
 
また、近年は若年層へのアプローチとしてSNSを活用している企業も増えています。企業は無料で学生や第二新卒などの若い世代とつながれるほか、求職者側からすれば鮮度の高い採用情報を得られるのが大きなメリットです。

合同説明会、学内説明会

さまざまな企業が集まり説明会をおこなう「合同説明会」や、大学に出向いて説明会を開く「学内説明会」も母集団形成に重要なイベントです。企業は学生に対し、自社の魅力や働き甲斐などを短時間で伝えられます。

ダイレクトリクルーティング

近年の採用活動では、スカウトサイトなどを利用して採用担当が直接オファーをする「ダイレクトリクルーティング」も増えつつあります。自社のターゲットに合う人材を絞り込めるので、ミスマッチが少なくなります。

採用活動を成功へ導く! 母集団形成を重視しよう


 
母集団形成は採用計画と切っても切れない関係にある、といっても過言ではありません。計画的に採用活動をおこなうためにも、自社の採用ターゲットに合う人材を集められる方法をとりましょう。
 
また、就活事情や採用市場の変化に応じて母集団形成の方法を変えることも重要なポイントです。常に最新の動向をチェックし、採用活動に取り入れることを意識しましょう。

研究開発職の派遣ならRDサポート人材派遣にお任せ下さい

弊社では、創業より食品・飲料業界、医薬品・バイオ業界、化粧品・香粧品業界に特化した研究開発職の派遣サービスを行って参りました。
 
これまで長きにわたり理系人材と接してきた強みを生かし、人材不足に関するお悩みはもちろん、理系求職者の動向や離職防止等に関するノウハウの提供、派遣法をはじめとした人材関連法規に関する説明会・セミナーの実施など、人事・採用に関するご相談を承っております。
 
人材・採用に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。


人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

TOP