人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

HR COLUMN

人事向けコラム

2020.10.09

派遣

派遣社員を在宅勤務に切り替えることは可能? 方法をチェックしよう


働き方改革の一環として、また新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によって、リモートワークを選択する企業が増加しています。一部の業務をリモート化して従業員を在宅勤務とした結果、業務効率が高まったというケースも多いものです。
 
正社員だけでなく派遣社員を在宅勤務に切り替えることも可能なのかは気になるポイントです。今回は、派遣社員を在宅勤務に切り替えるときのポイントをご紹介いたします。

派遣社員を在宅勤務に切り替えることはできる?

一般的に派遣社員の働き方は在宅勤務を前提としていません。しかし派遣社員であっても在宅勤務は可能です。在宅勤務というと正社員だけができると思われがちですが、実際に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止対策として、派遣社員を在宅勤務に切り替えた企業もかなり多かったようです。
 
もちろん在宅勤務に向いていない業務もありますが、品質保証やデータ入力などの事務、エンジニア、マーケティング、カスタマーサポートを担当する派遣社員であれば、在宅勤務に切り替えても大きな問題は生じにくいでしょう。
 
また、商品開発の試作業務を在宅勤務で行っている例もあります。一見すると在宅勤務が難しそうな職種でも業務の一部を在宅勤務で行い、出社勤務を週1~2日にするよう工夫している企業も多いようです。

派遣社員を在宅勤務にするときの契約内容は?

派遣社員の在宅勤務は可能ですが、すぐに在宅に切り替えるのは難しいケースも多いのではないでしょうか。
 
派遣社員の受け入れにあたっては、企業は労働者派遣法に基づいて派遣会社と契約を結んでいます。派遣社員の業務内容や就業場所就業時間などの条件を細かく取り決め、派遣社員には決められた条件のとおりに働いてもらう必要があります。そのため、在宅勤務に移行するときには条件を変更し、再契約を結ばなくてはなりません。
 
ただし、情勢の変化等で急に在宅勤務が必要となった場合には契約の変更が必要ないと定められていることもあります。

派遣社員を在宅勤務に切り替える手順や方法

1. 規約を確認して派遣元と相談する

派遣会社によっては派遣社員の在宅勤務を想定していないためにNGが出るケースもあります。まずは契約内容や派遣元の規約を確認し、在宅勤務に切り替えたい旨を相談しましょう。

2. 在宅で仕事ができる環境を整える

多くの場合、在宅勤務には専用のパソコンをはじめとした物品が必要となります。派遣社員が必要な物品を所有していない場合には貸与や購入の補助を検討しましょう。
 
情報の流出によるリスクを防ぐため、在宅勤務ではセキュリティ面も気にしておくことが大切です。また、派遣社員の自宅の通信環境についても確認しておきましょう。

3. 労務管理や評価の仕組みを整える

在宅勤務に切り替える場合には社員の目が届かないため、労務管理や評価がうまくいかないこともあります。業務にどれくらいの時間がかかるのか、残業時間が必要なのかなどをこまめにチェックし、フォローしていきましょう。
 
社員と派遣社員との情報格差をなくすためには、チャットツールやファイル共有ツールを導入するのが効果的です。
 

 
派遣社員を在宅勤務に切り替えることは可能ですが、派遣元との相談が必要不可欠となります。後々のトラブルを防ぐためにも、派遣元と話し合って合意を得ておきましょう。
 
万全の準備をして在宅勤務に切り替えれば、業務の効率をアップさせることも可能となります。まずは環境を整え、在宅勤務に移行する準備を柔軟に進めていきましょう。

RDサポート人材派遣では人事・採用に関するご相談を承っております

弊社では、創業より食品・飲料業界、医薬品・バイオ業界、化粧品・香粧品業界に特化した研究開発職の派遣サービスを行って参りました。
 
これまで長きにわたり理系人材と接してきた強みを生かし、人材不足に関するお悩みはもちろん、理系求職者の動向や離職防止等に関するノウハウの提供、派遣法をはじめとした人材関連法規に関する説明会・セミナーの実施など、人事・採用に関するご相談を承っております。
 
派遣スタッフの管理業務代行サービス(派遣管理デスク)も承ります。募集ポジションに対する最適な人材配置や安定した供給、派遣法改正などに伴う人事業務などを代行いたします。
 
人材・採用に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。


人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

TOP