人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

HR COLUMN

人事向けコラム

2020.07.31

採用

採用サイトの作り方を解説! 必要な人材を確保するためのコツとは?


近年の労働力不足で人材確保が思うようにいかず嘆いている企業は少なくありません。必要な人材を獲得する有効な方法の1つに、採用サイトの作成が挙げられます。
 
近年ではほとんどすべての人がスマホを所持しており、スマホを使っての検索が主な情報源という人も増加しています。そんな時代だからこそ、企業の採用サイトが効果を発揮するのです。
 
ここでは、採用サイトの重要性や具体的な作り方のコツをご紹介いたします。

企業における採用サイトの重要性とは

採用サイトとは、企業に興味を持った求職者に詳しい情報を提供するコンテンツのことです。
 
採用担当者は、単にエントリー数を増やすだけではなく、エントリーの質を上げることに注力すべきといえます。そのためには、求職者が企業に興味を持ち、業務内容を十分に理解し「この会社を選びたい」という思いをもたせることが重要です。質の高い採用サイトを作成し、自社の魅力を効率的にアピールしていきましょう。

採用サイトに掲載すべき情報とは?

では、採用サイトには具体的にどのようなコンテンツを盛り込むべきなのでしょうか?
 
まず必要不可欠となるのが募集要項です。募集職種や条件のほか、給与や勤務時間について、また休日や福利厚生についても詳しく記載しておきたいですね。さらに、研修制度について解説したり、採用実績を記載したりしておくことも重要といえます。選考プロセスや採用後の流れ、キャリアパスについても記載しておけば分かりやすくなります。
 
さらに、会社概要や事業内容の紹介、代表や社員のメッセージなども載せておきましょう。
 
採用サイトの情報は、求職者が必要としている情報と、自社がアピールしたい情報に分けて考えましょう。何をどう訴えかけるべきかを考えれば、必要な情報はおのずと絞られてきます。

採用サイトに取り入れたいオリジナルコンテンツ

求職者はよりよい企業を見極めるため、競合する他社の採用サイトもチェックしています。「他社と比べて魅力がない」と思われてしまえば、優秀な人材を他社に逃してしまうことになります。逆に考えれば、他社との差別化をはかり自社の魅力を伝えるためのオリジナルコンテンツがあれば、求職者を強く惹きつけることができます。
 
採用サイトには写真だけでなく動画コンテンツも作ってみましょう。また、近年ではSNSを利用したソーシャルリクルーティングと呼ばれる就職・転職活動も注目を浴びています。採用サイトとSNSを連携させ、相互に情報提供をするのも効果的といえるでしょう。
 

求職者が採用サイトを見るのは、企業のより詳しい情報を得るためです。企業の理念や具体的な業務内容が即座にイメージできるよう、分かりやすいコンテンツを用意しておきたいですね。
 
さらに、ソーシャルリクルーティングをはじめとしたwebならではのコンテンツもぜひ制作しておきましょう。

研究開発職の派遣ならRDサポート人材派遣にお任せ下さい

採用サイトの制作等が難しい、採用サイトを制作してみたけれどなかなか採用活動がうまくいかない・・・
そんなときは、派遣会社を始めとした人材紹介会社を利用するという方法もあります。
 
弊社では、創業より食品・飲料業界、医薬品・バイオ業界、化粧品・香粧品業界に特化した研究開発職の派遣サービスを行って参りました。
 
これまで長きにわたり理系人材と接してきた強みを生かし、人材不足に関するお悩みはもちろん、理系求職者の動向や離職防止等に関するノウハウの提供、派遣法をはじめとした人材関連法規に関する説明会・セミナーの実施など、人事・採用に関するご相談を承っております。
 
人材・採用に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。


人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

TOP