人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

HR COLUMN

人事向けコラム

2020.03.06

その他

離職率の低下につながる? 「給与前払いサービス」のメリットについて


企業にはさまざまな福利厚生があるものです。その中でも、給与前払いサービスを導入する企業に注目が集まっています。
 
給与の前払い制度を採用している企業は昔からありましたが、近年では給与の前払いを代行してくれるサービス会社を活用するケースが増えているのです。
 
この記事では、給与前払いサービス活用のポイントや導入のメリットについて解説いたします。
 

給与前払いサービスとはどういったもの?

 
給与前払いサービスというのは、従業員の給料日よりも前に給与を先払いするサービスのこと。急な出費が必要になった従業員にとってはかなり嬉しいシステムです。
 
従業員は、専門のサービス会社のシステムを利用することで先払いの申請が可能となります。
 
スマホやパソコンでシステムにログインして申請すればサービス会社から従業員に前払いの給与が入金されます。
 
企業は、サービス会社に対して前払い分の金額プラスシステム利用料を入金するだけでOKです。中には、システム利用料や手数料のかからないサービスもあります。
 

給与前払いサービスを導入するメリット5つ

 

1. 離職率を下げることができる

 
「給料日前はいつもカツカツ」という従業員は、仕事に対して次第に不満を抱くようになるものです。
 
中には「もっと余裕のある生活をしたい」と転職を検討する従業員もいるかもしれません。
 
給与前払いサービスによって金銭的な余裕が生まれれば、離職率を下げることが可能となります。
 

2. 従業員が安定的に働くことができる

 
金銭的に余裕のない状態が続く従業員がキャッシングを繰り返し、最終的にカード破産するというケースもあるものです。
 
給与前払いサービスには従業員をリスクから守り、立場を安定させることができるというメリットもあります。
 

3.人材を確保しやすくなる

 
求職者は求人情報を通して、企業がどのような福利厚生を提供しているのかをチェックしています。
 
従業員のためになる福利厚生が充実していれば企業への応募者が増えるため、優秀な人材の確保にもつながりやすくなります。
 

4. ローコストで福利厚生を導入できる

 
サービス会社を利用しての給与前払いには、導入や運営のコストがほとんどかかりません。
 
低コストで従業員の満足度を高められるような福利厚生を導入できるというのも、メリットの1つといえるでしょう。
 

5.社内の業務量を削減できることも

 
給与前払いサービスの中には、勤怠管理システムや給与計算システムと連携しているものもあります。
 
こういったサービスを利用すれば社内の業務量を減らすことも可能です。本来の業務に専念することができれば、生産性がアップしやすくなります。
 
離職率の低下につながる? 「給与前払いサービス」のメリットについて
 
給与前払いサービスの導入には数多くのメリットがあります。導入にあたっては、システムの利用料や手数料がどの程度なのか、
 
勤怠システムなどとの連携ができるのかなどをチェックしておきたいですね。
 
企業の方針に合った給与前払いサービスを導入し、上手に福利厚生をアピールしていきましょう。

研究開発職の派遣ならRDサポート人材派遣にお任せ下さい

弊社では、創業より食品・飲料業界、医薬品・バイオ業界、化粧品・香粧品業界に特化した研究開発職の派遣サービスを行って参りました。
 
これまで長きにわたり理系人材と接してきた強みを生かし、人材不足に関するお悩みはもちろん、理系求職者の動向や離職防止等に関するノウハウの提供、派遣法をはじめとした人材関連法規に関する説明会・セミナーの実施など、人事・採用に関するご相談を承っております。
 
人材・採用に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。


人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

TOP