人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

HR COLUMN

人事向けコラム

2019.11.08

採用

【面接担当者向け】採用面接のために準備しておきたいことと心構え


採用面接をするときには、応募者だけでなく採用担当者も十分な準備をしておくことが大切です。準備なしで面接をすると、応募者の適性を見極めることができず、求めている人材を採用できない可能性も高まります。
 
採用担当者が有意義な面接をするためには、どんな準備が必要なのでしょうか?
 
ここでは、企業の面接担当者が採用面接に臨む前の準備事項や、面接での心構えについて解説いたします。

採用面接前に面接の流れを確認しておく

まずはなんといっても、面接時にどんな質問をするかを考えておくことが必要です。採用担当者が複数いる場合には、メインで質問するのは誰なのか、それぞれがどんな質問をするのかなどを話し合っておきましょう。
 
応募動機や希望職種のほかに、応募者のキャリア目標や会社への印象といった質問を用意するのも有効です。
 
こういった質問を通して、応募者の思考力や自己認識、コミュニケーション能力などを適切に読み取っていきましょう。

採用面接では話しやすい雰囲気を作る

面接に訪れる応募者の多くは緊張しており、その緊張状態の中で自分を少しでもよく見せようと立ち回るため、応募者の素の姿を把握できないまま面接が終わってしまうことも少なくありません。
 
応募者の適性を見極めるために、リラックスできる心地よい雰囲気を作ってみましょう。採用担当者が笑顔を見せ、ゆっくりとしたペースで会話を進めれば、面接の雰囲気はかなり良くなります。

採用面接でしてはいけない質問を確認しておく

企業は採用にあたって、応募者の適性と能力のみを選考の基準としなければなりません。
 
職業安定法には個人情報収集の禁止が定められており、会話の流れで気軽にした質問が人権侵害や法律違反につながるといった可能性も考えられます。たとえば、本籍地や家族に関すること、生活環境に関すること、宗教に関すること、労働組合への加入状況などは質問してはいけません。
 
企業の信用問題にも関わるので、不用意な質問をしないよう面接担当者同士で徹底しておきたいものです。

採用面接を通して企業の良さをアピールする

面接では、面接担当者が一方的に応募者を評価しているのではなく、応募者側も企業を評価しています。双方の評価にギャップが生じた場合、企業が欲しいと感じた人材を逃す可能性は高いといえます。
 
また、面接中に不合格と見切りをつけたからと言って、応募者に対しキツイことを言ったり、面倒くさそうな態度を取ったりするのは慎みたいものです。採用担当者がこういった態度を見せることは、企業のイメージダウンにつながります。
 
採用面接は、企業の魅力をアピールする場でもあると考えましょう。
 

採用面接担当者には、良い人材を見抜く力や、応募者を適正に評価する力が求められます。
 
準備不足の状態で採用面接に臨むと、採用のミスマッチが起きる可能性が高まるので十分注意しましょう。応募者の特性を正確に判断するためにも、事前に十分な準備をしておくよう心がけたいですね。

RDサポート人材派遣では人事・採用に関するご相談を承っております

弊社では、創業以来業界に特化してきた実績とノウハウを活かし、人材の派遣サービスに留まらない多角的なサービスで、貴社の様々な課題解決をサポート致します。
 
これまで長きにわたり理系人材と接してきた強みを生かし、人材不足に関するお悩みはもちろん、理系求職者の動向や離職防止等に関するノウハウの提供、派遣法をはじめとした人材関連法規に関する勉強会・セミナーの実施など、人事・採用に関するご相談を承っております。
 
人材・採用に関するお悩みをお持ちの企業様は、ぜひお気軽にご相談ください。


人材に関する問い合わせ、ご相談はRDサポート人材派遣

TOP